街並みや周辺環境を確認しよう

注文住宅を建てようと考えて土地選びをする際に、まず確認すべきことは街並みや周辺環境です。街並みや周辺環境を確認する際には、昼と夜とでは雰囲気が全く変わったりすることもあるので、色々な時間帯に確認することがポイントになります。周辺に大きな商業施設や観光スポットがある場合では、平日と休日の人口が変わることもあるので注意が必要です。必ず平日と休日の両方を確認するようにしましょう。

利便性のある生活環境か確認することも大切

最寄り駅から近い、日用品が気軽に買えるスーパーが近くにあるなど、生活していく上で便利な環境であるかどうかを確認することも大切です。他にも病院や銀行、郵便局や公共施設が近ければ便利に生活することができます。毎日の生活に欠かすことができない施設は近くにあれば便利なので、自分のライフスタイルに合わせて確認するようにしましょう。

隣地の状況や境界線も確認しよう

街並みや周辺環境を確認して住みやすそうな土地を見つけたら、次に隣地の状況や境界線を確認することが大切です。隣の土地にはどのような建物が建っていて、隣地から屋根や木などが越境していないか確認するようにしましょう。もし隣の土地が空き地であれば、建設予定の建物があるか確認することが大切です。アパートやマンションなどの大規模建築物が建設予定の場合は日当たりや風通しが変わってしまう可能性があるので注意が必要です。

水の流れやライフラインの整備も確認

周りよりも低い土地の場合は、雨が降った後の水はけが悪くなるので状況を確認しておくことが大切です。また水道やガス、電気などのライフラインが整備されているかの確認もしておくようにしましょう。

注文住宅とは、土地の購入から家の設計、デザインなど一から話し合って決めていく、オーダーメイド方式の住宅です。

設計事務所の記事