敷金が多い物件は保証人を立てて借りられる

敷金が多い部屋を借りる時には、初期費用が多くなりすぎて敬遠する人が少なくありません。しかし、敷金が多い部屋ほど入居費用をすぐに用意出来る人のみが入居しているので、属性が高い人達が多いと知られています。保証会社を利用した賃貸契約が増えていますが、一方で強引な取り立てが多くなり社会問題化しているので、昔ながらの保証人を立てた賃貸契約が出来る部屋ほど人気です。敷金を多く積んでもらうことにより、初期費用をしっかり用意出来る人だけ入居してもらうことで建物全体の入居者選びをオーナーが行っています。このため、敷金が3ヶ月以上の部屋については保証会社を使用せずに保証人を立てて賃貸契約が出来るかオーナーへ直接確認してみると良いです。

礼金有りの物件はオーナー変更リスクが少ない

礼金はオーナーに対する感謝の意を表すために支払うので、退去時に原則として返ってくることはありません。礼金を払うことが勿体無いと考える人がいますが、実際にはリスク回避の手段として金額の多少に関わらずたとえ1万円であっても礼金が設定されている部屋が安全です。なぜなら、金融機関から借入を行って建設されている物件については、原則として礼金を受け取ることが禁止されているからです。登記簿を調べると分かるように抵当権が設定されている物件については、オーナーの返済が滞ると競売対象となりオーナーチェンジリスクが発生します。オーナーが変わった時に、半年以内に退去を求められることがあるので礼金有りの物件を選ぶことが無難です。

旭川市は札幌に次いで北海道で2番目の規模を誇る都市ですが、旭川の賃貸は札幌に比べかなり安いのが魅力です。

新札幌の賃貸を検索